保険がきく包茎

包茎手術の費用は極力安く済ませたいものですが、その方法の一つとして泌尿器科で保険適用の手術を受けるという方法ですね。
しかし包茎手術の場合保険は誰にでも適用されず、特定の条件に合う人しかうけることができません。
今回はその適用される条件に関して説明をします。
ポイントとなるのはその包茎が病気として認定されているかという点になります。
真性包茎はそのまま放って置くとペニス自身が不衛生になるため、性病におかかりやすくなります。
このため真性包茎は病気として認定されており、泌尿器科で真性包茎を治す場合には病気として認定されています。
保険が適用されない包茎専門のクリニックで手術を受けると費用は約10万円~30万ほどかかりますが、保険適用だと高くても5万円程度と、低料金で手術を受けることが出来ます。
予算が無い人であっても真性包茎を治すということになればこれくらいの費用で済むので、非常にリーズナブルですね。
またカントン包茎(カントン包茎は、無理に剥けば亀頭の露出が出来るが包皮口が狭いために、剥いた包皮が亀頭の下の陰茎を締め付けてしまう状態のものを言います。
カントン包茎の状態で性行為を行うと、包皮が裂けて出血したり、陰茎が締め付けられたために先端の亀頭が壊死する危険性があります。
このことから、カントン包茎は早めの手術の必要があります。

カントン包茎の場合は、オナニーなどを始める頃までは、勃起回数も少ない事から症状がほとんどありません。
成長に伴いペニスが大きくなるにつれカントン包茎による締め付けなどの痛みも激しくなるようです。
カントンの症状が分かる思春期という時期が精神的な問題、コンプレックスとして影響する場合も多く、放っておくと将来精神面での症状もでてくると言われています。
カントンの状態になって、無理に性交をすることで、ペニスを傷つけて、感染症になる危険性もあるばかりか、性交自体が困難となりますし、壊疽などの症状を引き起こし、病院へ担ぎ込まれる事態に陥りかねません。カントン包茎治療の必要という視点から見ると真性よりもカントン包茎の方が危険な状態といえるでしょう。
少しでも心当たりがあると感じるのであれば、一度クリニックへ相談へいかれることがよいでしょう。
真性包茎同様、カントン包茎にも保険が適用されるため、かなりリーズナブルに受けることが可能です。
実際に悩まれている方には非常に朗報ですね。



▽管理人推奨サイト▽
様々な包茎の治療に対応したクリニックのサイトです =≫ 包茎

Copyright © 2014 包茎と保険 All Rights Reserved.